お知らせ

2018.01.14

Windows7サポート終了まであと2年、乗換準備を!

「Windows OS」には最低 10 年間のサポート期間があることを、ご存知でしょうか?

サポート期間には、以下の 2 つのフェーズがあります。
メインストリーム サポート  (製品販売後、最低5年間)
延長サポート           (メインストリームサポート終了から最低 5 年間)

サポート ライフサイクル.png

サポート期間が終了すると、Windows OS に不具合があったとしても セキュリティ更新プログラム提供などのサポートが行われないため、セキュリティ上危険な状態が続くことになります。

また、ダウングレード権 1)により Windows OS がインストールされているデバイスについては、マイクロソフト ソフトウェアライセンス条項上、利用可能期間が「サポートを提供している期間」と規定されておりますので、特に注意が必要です。

多くの企業で使われている Windows7 も例外ではありません。
Windows7の延長サポートは、2  年後 の 2020 年 1 月 14 日 に終了します。
サポートが終了する前に、最新OS(Windows 10)への移行計画の立案、実行を進める必要があります。
(最新アップデートを継続している Windows10 の延長サポート終了日は 2025 年 10 月 14 日。)

弊社では、ご用途に応じたパソコン選びから、設定、データ移行、その後のサポートまで対応いたします。
まずは無料でお見積りいたします。
お気軽にお問い合わせください!

1)ダウングレード権
「Windows 8.1やWindows 10 からWindows 7 へOSを変更してダウングレードできる"権利"」のこと。
Windows 7を上書きインストールすることで、PC自体はそのままの状態でWindows 7を利用開始できるようになる。